「生きる宝石」として愛される、巨峰のような珍奇植物とは?

藤原連太郎さん、Shabomaniac!さん監修の『珍奇植物 ビザールプランツと生きる』より、世界が愛してやまない不思議な植物たちをご紹介します。

リトープス・紅大内玉
Lithops optica ‘Rubra’

原種の大内玉は灰緑色だが、ルブラはその色変異個体で、あざやかな紫色のボディを持つ。リトープスには、他にも各種でこうした色変異が出現しており、園芸的に珍重されている。

 

リトープス・メイエリ‘ハマールビー’
Lithops meyeri ‘Hammeruby’

“多肉植物”ブームの中、今世界中から注目を集めているのが、塊根植物やディッキアなど“珍奇植物”と言われる見た目が変わった植物たち。盆栽のような見た目、デザイン・アート性に優れたその特徴は、インテリアとして部屋によくなじみ、写真映えも◎。

独特な特徴や育て方、自生地を詳細解説するとともに、今回、まだどこにも載っていない、北アメリカ、南アフリカ、オセアニアなどのレアな珍奇植物もたくさん掲載している完全保存版!

 

【書誌情報】
『珍奇植物 ビザールプランツと生きる』


珍奇植物と言われる、姿形に特徴があり、その生態も非常に個性的な植物たちがいま注目されています。その変わった植物たちの特性や自生地の環境など、共に珍奇植物たちと暮らしていくための他にはないヒントがたくさん詰まった実用書です。

おすすめコラム