話題の台湾フードにもぴったり。 和歌山県の自然で育った “山椒” と “完熟山椒” の贅沢な香り/こめ油のお話08

ここ最近人気の、台湾フード。その美味しさを引き立たせるには、豊かな香りの香辛料が欠かせません。家でもつくってみたいけど、一体どんな香辛料を使えばよいのでしょうか?

文:つくりら編集部

台湾料理はもちろん、いつものメニューが味変できる!山椒香味油とは?

   

普段のお料理にも使える香辛料があったらいいですよね。今回つくりら編集部員は、国産のこめ油と、和歌山県で丁寧につくられた「ぶどう山椒」を加えたブレンドオイル、「山椒香味油」と「完熟山椒香味油」を使ってみました。

これが台湾料理はもちろん、イタリアンや和食にも使えて、とても便利なんです!おすすめの食べ方は、シンプルなおかゆにプラスして山椒の香りを味わう楽しみ方。手軽に台湾気分も味わえて、身体もほっこり、元気が出ます。

完熟させたぶどう山椒を使った「完熟山椒香味油」もおすすめ。完熟山椒は、普通の山椒よりも収穫に時間がかかり、栽培も難しいため、希少価値が高いのだそう。

2つの香りを比べてみると…通常の山椒香味油は刺激が強く、しっかり山椒を感じとれる味わい。完熟山椒香味油は、つんとした刺激が少なく、芳醇な香りが楽しめます。

山椒は世界の料理の刺激的な隠し味としても使われているので、バリエーションが無限に楽しめそう!

手軽に台湾を感じられる、こんなレシピもおすすめですよ。

手作り水餃子
https://www.tsuno.jp/recipe/o-170803

山椒ごまだれ麺
https://www.tsuno.jp/recipe/o-171123

自分なりのカスタマイズで、味変が楽しめる山椒のブレンドオイル。お好きな味わい方を見つけてみてください!

築野⾷品⼯業:https://www.tsuno.jp/enjoy

おすすめコラム