シャキシャキもっちり! れんこんの定番レシピ

秋野菜の定番レシピを中川たまさんの著書『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて旬弁当』からご紹介します。

中川たまさんのレシピ関連記事
塩焼きよりお刺身よりおいしい!?「秋刀魚の食べ方」新定番!
魚嫌いさんもご飯がすすむ!絶品「秋刀魚のおかか煮」
香ばしい飴色の味わい秋を楽しむ自宅でできる燻製レシピ
この季節がやってきた!保存も可能!最高においしく栗を蒸す方法
おやつだけじゃない!栗を使った絶品おかず3品
今が旬!子どもにも大人にも大人気の鮭を○○と合わせたら?
旬の鮭を使った絶品レシピ3選
シャキシャキの歯触りも楽しい 梨とれんこんのコラボ!
ル・レクチェ、バートレット この素敵な名前は?
やっぱり蒸すのがいちばん!美味しい大豆が手に入ったら
もう一品お助け!蒸し大豆の絶品アレンジ3品
生でも干しても美味しい今が旬の果物といえば?
実は万能食材!いつでも食べたい柿のアレンジレシピ

文:中川たま  撮影:宮濱祐美子

れんこん

我が家でも人気の秋野菜。シャキシャキ感と、もっちりした歯触りの二つの特徴を持ち、切り方でその食感は変わってきます。
端正な味なので、いろいろな料理に使いやすく、お弁当にもよく登場します。乾燥していない、透明感のあるものを選びましょう。

 

れんこんの塩きんぴら

醬油を使わず、塩と酢できりっと味つけするのが我が家のきんぴら。
お好みで七味をかけても。

<材料>
れんこん…大1節(約300g)
赤唐辛子(小口切り)…3~4切れ
ごま油…大さじ2・1/2
A  酒、みりん、米酢…各大さじ1
   塩…小さじ1/3

<作り方>
【1】半分に切り、7~8㎜厚さの半月切りにして、水にさらす。
【2】フライパンに赤唐辛子、ごま油を入れて弱火にかけ、香りが出てきたら水気をふきとった1を入れ、中火で炒める。
【3】れんこんに火が通ったらAを加え、汁気がなくなるまで炒める。

 

<保存方法>
冷めたら保存袋、または保存容器に入れ、冷蔵で4~5日保存可能。

【書誌情報】
『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて旬弁当』
中川たま著

旬食材で「おかずの素」を作り、メイン・サブおかず、ごはんものなどにアレンジ。季節ごとに、保存がきいて便利な「ペースト」とそれを使ってできる簡単おかず、 一品だけで完成する「一品主役弁当」、行楽や持ち寄りなどにおすすめの「イベント弁当」も提案。気軽に、手軽に、旬の美味しさを楽しめ、ランチタイムが豊かになるお弁当本です。

おすすめコラム