旬の鮭を使った絶品レシピ3選

旬を閉じ込める、ちょっとの下ごしらえが時短のコツ。中川たまさんの著書から旬の食材をつかったレシピをご紹介します。

文:中川たま  撮影:宮濱祐美子

 

1.鮭の南蛮漬け

甘酸っぱいたれを絡めたしっかり味で
ご飯がもりもり食べられるメインのおかずです。

<材料> 8切れ分
鮭の甘酒漬け…2切れ
薄力粉…少々
紫玉ねぎ…1/4個
A 醬油、米酢、だし…各大さじ1
  メイプルシロップ…大さじ1/2
  赤唐辛子(小口切り)…2~3切れ
油…大さじ3
白炒りごま…少々
かぼす、トレビス…各適宜

<作り方>
【1】鮭は甘酒を軽く取り除き、1切れを4等分にして薄力粉を薄くまぶす。紫玉ねぎは薄切りにする。Aは混ぜ合わせておく。
【2】フライパンに油を中火で熱し、鮭を入れて揚げ焼きにする。
【3】2を熱いうちにに入れて紫玉ねぎを加え、30分以上漬ける(一晩漬けてもOK)。汁気をきってごまをまぶし、弁当箱に詰める。好みでかぼす、トレビスを添える。

 

2.鮭のパン粉焼き

甘酒とマヨネーズの意外なコラボレーション。
パン粉をトッピングして食感をプラス。

<材料>3個分
鮭の甘酒漬け…1切れ 
マヨネーズ…大さじ1
パン粉…大さじ2
オリーブオイル…大さじ1/2 
ディル…少々

<作り方>
【1】鮭は甘酒を軽く取り除き、3等分に切ってマヨネーズを塗り、を混ぜ合わせてふりかける。
【2】1を天板に並べ、200℃に予熱したオーブンで10分ほど焼く。

 

3.鮭フレーク

ご飯のお供にあると嬉しいサブおかず。
脂ののった旬もので作るとやっぱり格別です。

<材料>3個分
鮭の甘酒漬け…1切れ

<作り方>
【1】鮭は甘酒を軽く取り除き、魚焼きグリルで焼き色がつくまで7~8分焼く。
【2】皮や骨をとり、身をほぐす。ご飯にふりかけたり、おにぎりの具として使用。

 

【書誌情報】
『春夏秋冬、ぎゅっと詰めて旬弁当』

旬食材で「おかずの素」を作り、メイン・サブおかず、ごはんものなどにアレンジ。季節ごとに、保存がきいて便利な「ペースト」とそれを使ってできる簡単おかず、 一品だけで完成する「一品主役弁当」、行楽や持ち寄りなどにおすすめの「イベント弁当」も提案。気軽に、手軽に、旬の美味しさを楽しめ、ランチタイムが豊かになるお弁当本です。

おすすめコラム