ル・レクチェ、バートレット この素敵な名前は?

曲線の美しさ、グラデーションは抽象画のよう。秋の果実をつかったレシピを中川たまさんの著書『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方』からご紹介します。

中川たまさんのレシピ関連記事
塩焼きよりお刺身よりおいしい!?「秋刀魚の食べ方」新定番!
魚嫌いさんもご飯がすすむ!絶品「秋刀魚のおかか煮」
香ばしい飴色の味わい秋を楽しむ自宅でできる燻製レシピ
この季節がやってきた!保存も可能!最高においしく栗を蒸す方法
おやつだけじゃない!栗を使った絶品おかず3品
今が旬!子どもにも大人にも大人気の鮭を○○と合わせたら?
旬の鮭を使った絶品レシピ3選
シャキシャキの歯触りも楽しい 梨とれんこんのコラボ!
シャキシャキもっちり!れんこんの定番レシピ
やっぱり蒸すのがいちばん!美味しい大豆が手に入ったら
もう一品お助け!蒸し大豆の絶品アレンジ3品
生でも干しても美味しい今が旬の果物といえば?
実は万能食材!いつでも食べたい柿のアレンジレシピ

文:中川たま  撮影:宮濱祐美子

和梨に舌鼓を打っているころ、次は洋梨が出回り始めます。女性らしいフォルム、とろけるような滑らかな食感、豊かな香りに惹かれます。ラ・フランス、ル・レクチェ、バートレットなんて名前も素敵。

和梨と違って洋梨は、シワが入るくらい熟してからが美味しい。それまでは部屋に飾って、可愛らしい容姿を眺めて過ごします。芳醇な香りがふんわりしてきたら、食べ頃のサイン。

いつか、木にたわわになっている姿を見てみたいものです。

 

洋梨とセロリのサラダ

果肉の濃密な甘みがクセのあるセロリとマッチ

<材料>  2人分
洋梨…1/2個
セロリ…1/2本
A オリーブ油、白ワインビネガー …各大さじ1/2
  塩…ひとつまみ
ディル…少々

<作り方>
【1】れんこんは皮をむいて薄切りにし、酢水に5分さらして熱湯でさっと湯がき、水気をきる。梨は半分に切って芯を取り、皮をむいて薄いいちょう切りにする。
【2】ボウルに1とAを入れてすだちの果汁を搾り、皮を適量すりおろしてよく和える。

 

【書誌情報】
『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方』

春夏秋冬の果実ごとに、生のまま料理に使うフレッシュメニューと、保存が効くストックメニュー、ストックを使って作るアレンジメニューのほか、果実を使った季節の食卓をご紹介しています。
食べるだけでなく、旬の恵みを存分に堪能するアイデアを綴った著者のショートエッセイ付きです。

おすすめコラム