時間をかけてじっくり刺繡を楽しむ 野うさぎのがま口

刺繡作家・森本繭香さんの著書『野の花と小さな動物の刺繡』を開いたとき、この「野うさぎのがま口」に釘つげ。思わずかわいいと呟いてしまいました。がま口好きのつくりら編集部員、ただいま自宅で制作中。楽しいことをイメージして免疫力も高めましょう!

文:森本繭香・つくりら編集部  撮影:山口 明・奥 陽子

野うさぎのがま口

しっぽの先が白いウサギのがま口は絹糸を使って繊細に仕上げたもの。
高級感のあるベルベット風の起毛したウール生地に刺繡するのは少しテクニックが必要。
それでも、時間をかけてじっくり刺繡すれば完成した時の喜びもひとしおです。

<材料>
…表布(ウール・黒)30×20cm
  裏布(サテン布・ベージュ)30×20cm
…金亀絹ミシン糸#50 
  白、黒、13、51、66、 70、77、81、102、121、166、192、216
その他
 …MIYUKIファイアポリッシュビーズ
    K2051(4mm)(シルバーライン)#ISL
    K2050(3mm)(シルバーライン)#ISL
    MIYUKI丸小ビーズ#191(本金メッキ)、#274(パープル)、#462(玉虫)
    MIYUKI丸特小ビーズ#182(ゴールド)、#250(クリスタルAB)
    MIYUKIデリカビーズDB-52ホワイト
    MIYUKIデリカビーズ小DBS-203(パールホワイト)、DBS-220(ホワイト)
  がま口金具(12.5×6.5cm)☆1セット
  ゴム系接着剤、つまようじ
  タッセル金具 1個、厚紙6×12cm  1枚、丸カン(8mm) 1個
  タッセル用ひも(金亀絹穴糸・黒)15m

でき上がり寸法… 14×12cm

<この作品で使用しているステッチの種類>
オルタネイティング・ステム・ステッチ
ストレート・ステッチ
サテンステッチ
スプリット・ステッチ

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『野の花と小さな動物の刺繡』
森本繭香著

森本繭香さんの本

草花やリス、ウサギ、小鳥などの小動物の刺繡の作品集です。違う色の糸を重ねて刺すことで、精緻な質感を再現します。今にも動き出しそうなかわいい動物たちと野の花を、ぜひ刺繍で楽しんでみてください。

がま口の仕上げ方は本書63ページに掲載しています。

おすすめコラム