ハード系パン好きなら食べたい ドゥーロ

噛みごたえのあるハード系のパンがお好きな方にオススメしたいシルバさんの作るドゥーロ。そのレシピを『La vie a la Campagne ジャムとパンのオリジナルレシピ』からご紹介します。イタリアパンをぜひお試しあれ!

シルバさんのレシピ記事
秋冬を愉しむスパイシーな大人のお味わい りんごとクローブのジャム
体が温まる!ピリッと甘辛なレモンとしょうがのジャム
秋の味覚を閉じ込めた 柿ジャム
かめばかむほど、甘みひろがる素朴なパン トスカーナ
イタリア料理に欠かせないパン フォカッチャ
相性ぴったり!豚肉とレモンジンジャーのロールキャベツ
じっくり煮込んだ香り豊かな牛肉とりんごジャムのビール煮
皮もまるごと! オレンジとにんじんのジャム
お菓子にも料理にも使える万能ジャム かぼちゃバター
サックサクでトロトロ! さつまいもジャムのクロスタータ
黄金色の焼き上がり!穀物の香ばしさあふれる ビールパン
まさに魔法の調味料!玉ねぎジャム
身も心も温まる野菜たっぷりミネストローネ

文:ロシャン・シルバ  撮影:清水美由紀

ドゥーロ

duro(ドゥーロ)はイタリア語で「かたい、ハードな」という意味。その名のとおり、ちょっとかためのパンです。
ビヨーンと長く伸ばしてからくるくる丸める成形方法がとてもユニーク。
薄くスライスしてカナッペやクロスティーニにおすすめです。

<材料> 約18×7cmのパン  6個分
強力粉…500g
塩…10g
水…250mℓ(24℃くらいに温めておく)
オリーブオイル…50g
インスタントドライイースト…8g
サラダ油…小さじ1
打ち粉用の粉…大さじ2

 

<作り方>
【1】ボウルに強力粉、塩を入れる。
【2】計量カップに水とオリーブオイルを入れ、インスタントドライイーストを加えてゴムべらでよくかき混ぜる。
【3】を注ぎ入れ、ゴムべらで混ぜる。

【4】ひとまとまりになってきたら打ち粉をした台に出し、手のひらでかたまりを押すように、生地の表面がなめらかになるまで、よくこねる。
【5】生地の表面に張りを持たせるように内側に巻き込み、サラダ油を塗ったボウルに入れ、クロスをかけて30〜40分発酵させる。

【6】生地が約2倍にふくらんだら、指で生地を押して空気を抜き、クロスをかけて30分休ませる。

【7】200gずつスケッパーで分割し、それぞれ軽く折り畳んで長方形にする。

【8】めん棒を使い、長さ30〜35cm、厚さ3mmまで伸ばす。

【9】端からくるくると生地を引っ張りながら巻く。生地にオリーブオイルが入っているのでよく伸びる。

【10】クロスにはさんで30分発酵させる。

【11】大きさが倍くらいになったら天板にのせ、表面にサラダ油をかける。

カッターナイフで真ん中を切る。5、6回繰り返して切り込みを深くする。

【12】220℃のオーブンで20分焼く。

[ このパンを使ったレシピ ]
・クロスティー二(p.60)

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『La vie a la Campagne ジャムとパンのオリジナルレシピ』
ロシャン・シルバ著

中目黒にあるカフェ「La vie a la Campagne」(ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュ)。芸能人もお忍びで通う、知る人ぞ知るおしゃれな隠れ家カフェ。店頭で販売しているジャムは密かな人気の逸品。本書では、オーナーのロシャン・シルバさんオリジナルのジャムレシピを掲載。どうしても余りやすいジャムを調味料として使用するアイデアレシピや、ジャムとの相性が抜群なパンやデザートのレシピも紹介します。

おすすめコラム