手ごねで作るイタリアのパン チャバッタ

いま、パン作りをはじめる人が多いそうです。しっかりと手ごねが必要なイタリアのパン「チャバッタ」の作り方を東京・中目黒のLa vie a la Campagneの、シルバさんの著書『パンとジャムのレシピ』からご紹介します。五感を働かせながら、生地とおしゃべりするつもりで作ってみてください。パン作りでエンジョイホームしましょう!

シルバさんのレシピ記事
かめばかむほど、甘みひろがる素朴なパン トスカーナ
イタリア料理に欠かせないパン フォカッチャ
黄金色の焼き上がり!穀物の香ばしさあふれる ビールパン
ハード系パン好きなら食べたい ドゥーロ
イタリア料理に欠かせないパン フォカッチャ
休日のブランチにもおすすめ かぼちゃバターのスコーン
秋冬を愉しむスパイシーな大人のお味わい りんごとクローブのジャム
体が温まる!ピリッと甘辛なレモンとしょうがのジャム
お菓子にも料理にも使える万能ジャム かぼちゃバター
まさに魔法の調味料!玉ねぎジャム
ジャムを長くおいしく楽しむために
ラ・ヴィ・ア・ラ・カンパーニュのパン作り1
ラ・ヴィ・ア・ラ・カンパーニュのパン作り2

文:ロシャン・シルバ、つくりら編集部  撮影:清水美由紀

チャバッタ

イタリア語で「スリッパ」という意味のciabatta(チャバッタ)。
アクアと同じく水分の多いパンですが、こちらは手ごねなので少々根気が要ります。
こまめに打ち粉をし、カードも使いながら、生地をまとめていきましょう。

チャバッタ

<材料> 約28×7cmの縦長パン  6個分
強力粉…500g
砂糖…15g
塩…5g
水…400mℓ(24℃くらいに温めておく)
インスタントドライイースト…10g
サラダ油…小さじ1
打ち粉用の粉…大さじ2

 

<作り方>
【1】ボウルに強力粉、砂糖、塩を入れる。
【2】計量カップに水を入れ、インスタントドライイーストを加えてゴムべらでよくかき混ぜる。
【3】を注ぎ入れ、ゴムべらで混ぜる。チャバッタのレシピ

【4】ひとまとまりになったら打ち粉をした台に取り出し、よくこねる。生地がやわらかいので、カードを使ってまとめる。

チャバッタのレシピ

【5】生地の表面にサラダ油をかけ、生地の表面に張りを持たせるように内側に巻き込みながらボウルに入れる。クロスをかけて20〜30分発酵させる。

チャバッタのレシピ

【6】生地が約2倍にふくらんできたら、指で生地を押して空気を抜き、クロスをかけて30分休ませる。
【7】スケッパーで6等分に切り分け、

チャバッタのレシピ

ざっくりたたんでクロスにはさんで10〜15分発酵させる。

チャバッタのレシピ

【8】生地がさらにふくらんだら、細長く伸ばして天板にのせる。

チャバッタのレシピ

【9】焼く直前に生地の表面に霧吹きをし、240℃に温めたオーブンで20分焼く。

チャバッタ

[ このパンを使ったレシピ ]
・リコッタチーズのカナッペ(p.56)

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『La vie a la Campagne ジャムとパンのオリジナルレシピ』
ロシャン・シルバ著

書籍『La vie a la Campagne ジャムとパンのオリジナルレシピ』 ロシャン・シルバ著

中目黒にあるカフェ「La vie a la Campagne」(ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュ)。芸能人もお忍びで通う、知る人ぞ知るおしゃれな隠れ家カフェ。店頭で販売しているジャムは密かな人気の逸品。本書では、オーナーのロシャン・シルバさんオリジナルのジャムレシピを掲載。どうしても余りやすいジャムを調味料として使用するアイデアレシピや、ジャムとの相性が抜群なパンやデザートのレシピも紹介します。

 

おすすめコラム