寒い朝は温かいスープからはじめましょう。スープレシピ2選

今朝はとても寒い朝でした。これからの季節、手軽につくれる温かいスープで一日をスタートしませんか?
『ジャムとパンのオリジナルレシピ』から、かぼちゃバターのスープと玉ねぎジャムのスープのつくり方をご紹介します。

文:ロシャン・シルバ、つくりら編集部  撮影:清水美由紀

かぼちゃバターのスープ

ほっくり甘いかぼちゃのジャムは、スープにもぴったり。牛乳とオリーブオイル、バターを混ぜるだけで、クリーミーな本格スープがあっという間にでき上がります。

<材料> 1人分 
ジャム(かぼちゃバター)…大さじ4
A 牛乳…30mℓ
  オリーブオイル…小さじ2
バター …10g
塩、こしょう…適量(お好みで)
パセリ(みじん切り)…適量

【1】鍋にジャムとを入れ、大きめのスプーンでジャムをつぶす中火にかけてかき混ぜる。全体に混ざったら火を止め、バターを入れ、軽く混ぜる。
【2】を器に注ぎ、好みで塩こしょうし、パセリをちらす。

[ 市販のジャムを使うなら… ]
かぼちゃのピューレやペーストで代用可能。お好みで砂糖とバターを加えて。

 

玉ねぎジャムのスープ

ジャムの味をシンプルに生かしました。ジャムの玉ねぎやドライレーズンの自然な甘み、シナモンやクローブのスパイシーな香りがしみじみ味わえます。

<材料> 1人分
バター …30g
小麦粉…15g
水…100mℓ
ジャム(玉ねぎ)…大さじ2
スープストック(顆粒)…3g
オリーブオイル…適量
塩、こしょう…適量(お好みで)
パセリ(みじん切り)…適量

【1】鍋にバターと小麦粉を入れ、弱火にかけて混ぜる。全体に混ざったらジャムを入れてさらに混ぜる。
【2】に水とスープストックを入れ、全体がなめらかに混ざり合うまで煮る。
【3】器に注ぎ、オリーブオイルをたらし、お好みで塩こしょうし、パセリをちらす。

[ 市販のジャムを使うなら… ]
市販のオニオンソテーで代用可能。つくり方は鍋に砂糖50gと水15gを入れ、黄金色になるまで熱し、オニオンソテー100g、水150mℓ、スープストックを加える。粗びきこしょうと塩で味をととのえる。

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『La vie a la Campagne ジャムとパンのオリジナルレシピ』
ロシャン・シルバ著

書籍『La vie a la Campagne ジャムとパンのオリジナルレシピ』 ロシャン・シルバ著

中目黒にあるカフェ「La vie a la Campagne」(ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュ)。芸能人もお忍びで通う、知る人ぞ知るおしゃれな隠れ家カフェ。店頭で販売しているジャムは密かな人気の逸品。本書では、オーナーのロシャン・シルバさんオリジナルのジャムレシピを掲載。どうしても余りやすいジャムを調味料として使用するアイデアレシピや、ジャムとの相性が抜群なパンやデザートのレシピも紹介します。

おすすめコラム