アツアツ焼きリンゴと冷たいバニラアイスのとろけるハーモニー|小雪

文:猪飼牧子 撮影:清水美由紀 文・つくりら編集部

明日11月22日から二十四節気は小雪(しょうせつ)です。

小雪『二十四節気 暦のレシピ』より

木々の葉が落ち日は短く、陽射しは少しずつ弱くなってきました。寒さも日に日に深まり、北の国からは雪の便りがちらほらと聞こえてくる頃です。寒さの合間に小春日和も。

 

アツアツ焼きリンゴと冷たいバニラアイスのとろけるハーモニー

小雪・焼きリンゴ『二十四節気 暦のレシピ』より

スパイスがふわりと香り、口に入れればとろりととろける焼きリンゴ。旬のおいしいリンゴをまるごといただきます。

つくり方は、
【1】
リンゴの芯を貫通しないようにくり抜く。
【2】常温に戻したバター10g、ラム酒小さじ1/4、砕いたクローブ3粒をよく混ぜ、リンゴのくり抜いた穴に詰め、シナモン1/2本を挿す。
【3】200℃のオーブンで20 30分焼いて完成。

アツアツの焼きリンゴは冷たいバニラアイスと相性抜群。焼きリンゴには、加熱することで甘みと風味が増す紅玉がベストです。

*一部、再編集し掲載しています。

Instagram:@tsukurira0714
Twitter:@tsukurira0714

【書誌情報】
『二十四節気 暦のレシピ』
猪飼牧子・清水美由紀 著「二十四節気 暦のレシピ」古くから季節を表す言葉「二十四節気 七十二候」をテーマに、季節の移り変わりを花や植物で感じながら、ものづくりの楽しみを提案。
小さな変化を繰り返しながら、季節とともに四季をたどっていく植物。その時季の植物をアレンジメントや料理やおやつに生かしたり、心と体を健やかするハーブやアロマを活用したり、ちょっとしたおもてなしの小物をつくったり。二十四節気を植物とものづくりで体感できるアイデアとレシピ120を紹介します。

おすすめコラム