真っ赤な野バラの実で 季節の旬をテーブルに

制作・文:猪飼牧子 撮影:清水美由紀 文・つくりら編集部

おもてなしにもぴったりな、テーブルがぱっと明るくなる野バラの実のナプキンリングです。

霜降・野バラのナプキンリング『二十四節気 暦のレシピ』より

つくり方は、
【1】 18番のワイヤー10㎝の両側に黒いリボンを結ぶ。
【2】リボンが取れないよう、フローラルテープでワイヤーとリボンを巻く。
【3】 野バラの実をフローラルテープでワイヤーに巻く。
【4】 ワイヤーを丸く変形させて小さなリング状にして完成。

ナプキンリングの作り方は穀雨のローズマリーの花冠リースと同じです。

霜降・野バラのナプキンリング『二十四節気 暦のレシピ』より

ナプキンは少し無造作な雰囲気にシワを寄せ、真ん中をふんわりとリングで結ぶとナチュラルな印象に。お食事後はお土産としてお持ち帰りいただいても喜ばれます。

*一部、再編集し掲載しています。

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『二十四節気 暦のレシピ』
猪飼牧子・清水美由紀 著「二十四節気 暦のレシピ」古くから季節を表す言葉「二十四節気 七十二候」をテーマに、季節の移り変わりを花や植物で感じながら、ものづくりの楽しみを提案。
小さな変化を繰り返しながら、季節とともに四季をたどっていく植物。その時季の植物をアレンジメントや料理やおやつに生かしたり、心と体を健やかするハーブやアロマを活用したり、ちょっとしたおもてなしの小物をつくったり。二十四節気を植物とものづくりで体感できるアイデアとレシピ120を紹介します。

おすすめコラム