家庭のお風呂で炭酸泉を体験できるアロマバスフィズ|処暑その2

制作・文:猪飼牧子 撮影:清水美由紀 文・つくりら編集部

夏の疲れを自分好みの香りで労りましょう。

アロマバスフィズでぶくぶくと泡が出て炭酸泉のできるバスフィズは、作る楽しみも使う楽しみもたっぷり。

処暑アロマバスフィズ『二十四節気 暦のレシピ』より

作り方は、
【1】 クエン酸40gとグリセリン小さじ21 をしっかり混ぜる。
【2】 重曹80g、岩塩20g、好みのドライハーブ大さじ1、精油12 滴をよく混ぜる。
【3】 容器に少しずつ入れながらヘラで固め、冷蔵庫で2日間寝かして完成。完全に固まってから使いましょう。

*精油やハーブの効用と使用上の注意は「薬用植物一覧」(P.214 ~ 220)を参照してください。

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『二十四節気 暦のレシピ』
猪飼牧子・清水美由紀 著「二十四節気 暦のレシピ」古くから季節を表す言葉「二十四節気 七十二候」をテーマに、季節の移り変わりを花や植物で感じながら、ものづくりの楽しみを提案。
小さな変化を繰り返しながら、季節とともに四季をたどっていく植物。その時季の植物をアレンジメントや料理やおやつに生かしたり、心と体を健やかするハーブやアロマを活用したり、ちょっとしたおもてなしの小物をつくったり。二十四節気を植物とものづくりで体感できるアイデアとレシピ120を紹介します。

おすすめコラム