パンジーだけを集めた春を待ち望む花束|大寒その2

ひと足先に春を連れてくるパンジーの花束で、暮らしに彩りをとりいれましょう。『二十四節気 暦のレシピ』より、長持ちさせるコツなどをご紹介します。

制作・文:猪飼牧子 撮影:清水美由紀 文・つくりら編集部

咲く花も少ない時季ですが、冬の間にも目を楽しませてくれる植物にパンジーやビオラがあります。色とりどりの花色は目にも鮮やかで、寂しい冬の景色を彩ります。

 

一つひとつ異なる色合いとフリルが可愛らしいパンジーは、それだけで華やかな花束に。茎が繊細なため、握りすぎないようやさしく束ねるのがコツ。花があちらこちらに向いているので、なるべく同じ方向にならないように束ねます。

ピッチャーなどに活けるときは、少し斜めに傾けるとほどよい空気感が。こまめに切り戻しをすれば、小さな蕾も次々と咲き、違う表情を見せてくれます。

 

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『二十四節気 暦のレシピ』
猪飼牧子・清水美由紀 著

古くから季節を表す言葉「二十四節気 七十二候」をテーマに、季節の移り変わりを花や植物で感じながら、ものづくりの楽しみを提案。
小さな変化を繰り返しながら、季節とともに四季をたどっていく植物。その時季の植物をアレンジメントや料理やおやつに生かしたり、心と体を健やかするハーブやアロマを活用したり、ちょっとしたおもてなしの小物をつくったり。二十四節気を植物とものづくりで体感できるアイデアとレシピ120を紹介します。

おすすめコラム