柔らか風味の丸ごとユズのジャム|冬至その2

いよいよ年末も押し迫ってきました。仕事納めや大掃除に大忙し、という方もたくさんいらっしゃることでしょう。ほっと一息ついたら、ジャムづくりはいかがでしょう。年末年始にコトコト。『二十四節気 暦のレシピ』からユズのジャムのレシピを紹介します。

文:猪飼牧子 撮影:清水美由紀 文・つくりら編集部

ユズの皮と果肉、種のペクチンを使えば、丸ごとユズのジャムができます。

冬冬至/ユズのジャム『二十四節気 暦のレシピ』より

作り方は、
【1】ユズ200gは皮と果肉を分ける。皮は白い筋とわたを除いてせん切りにし、2~3回ゆでこぼしする。
【2】果肉は種を取り、フードプロセッサーか包丁で細かくする。
【3】皮と果肉を合わせ、その半量の砂糖を用意。
【4】鍋に【3】とお茶パックに入れた種、ドライのエルダーフラワー5gを入れ、煮詰めて完成。

保存瓶の煮沸はこちらを参考にしてください。

Instagram:@tsukurira0714
Twitter:@tsukurira0714

【書誌情報】
『二十四節気 暦のレシピ』
猪飼牧子・清水美由紀 著「二十四節気 暦のレシピ」古くから季節を表す言葉「二十四節気 七十二候」をテーマに、季節の移り変わりを花や植物で感じながら、ものづくりの楽しみを提案。
小さな変化を繰り返しながら、季節とともに四季をたどっていく植物。その時季の植物をアレンジメントや料理やおやつに生かしたり、心と体を健やかするハーブやアロマを活用したり、ちょっとしたおもてなしの小物をつくったり。二十四節気を植物とものづくりで体感できるアイデアとレシピ120を紹介します。

 

おすすめコラム