ホワイトチョコの甘さに カルダモンの香りの魔法|大雪その2

制作・文:猪飼牧子 撮影:清水美由紀 文・つくりら編集部

夜の時間がもっとも長い冬至の初日にむけ、夜がどんどん長くなる大雪の2週間。冬の長い夜のお供に香り豊かなチョコーレートはいかがでしょう。

カルダモンの香りが鼻に抜けるチョコレートは、1つ口に入れるだけで幸せな気持ちに。

作り方は、
【1】 ホワイトチョコレート120gを湯煎にかけて溶かし、生クリーム30 ~ 40㎖、カルダモンパウダー小さじ1/2を加え、よく混ぜる。
【2】ラップの上に厚さ1㎝に広げ、粉糖をふりかけて冷蔵庫へ。
【3】固まったら1㎝角に切り、全体に粉糖をまぶして完成。

* ホワイトチョコレートの湯煎は温度が高すぎると分離するので45℃程度の温度で行うこと。
* 生クリームの量によって、でき上がりの固さが変わります。

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『二十四節気 暦のレシピ』
猪飼牧子・清水美由紀 著

古くから季節を表す言葉「二十四節気 七十二候」をテーマに、季節の移り変わりを花や植物で感じながら、ものづくりの楽しみを提案。
小さな変化を繰り返しながら、季節とともに四季をたどっていく植物。その時季の植物をアレンジメントや料理やおやつに生かしたり、心と体を健やかするハーブやアロマを活用したり、ちょっとしたおもてなしの小物をつくったり。二十四節気を植物とものづくりで体感できるアイデアとレシピ120を紹介します。