ソレイアード、トワル・ド・ジュイ フランス伝統のテキスタイル|『世界の配色見本帳』

世界各地の伝統的なテキスタイルの色に焦点を当てた『世界の配色見本帳』。配色パターンやテキスタイルのデザイン集として学べる新しいタイプの配色見本帳です。フランスの伝統的なテキスタイルの一例を紹介します。

 

文:ザ・ハレーションズ 撮影:サカモトタカシ 文:つくりら編集部

「ソレイアード」プリント生地

16世紀後半、南仏一帯ではマルセイユの港へ上陸したインド更紗の東洋的な色彩や文様に魅せられ、ヨーロッパで最初の更紗の生産が始まる。その後、フランス王朝が渡来プリントの輸入や製造を禁じた時代を経て、1806年にソレイアードの前身となる工房が誕生。

そこでは「トワルパント」と呼ばれる版木染めの技法でプロヴァンス地方の植物染料から生まれる美しい色と独特なモチーフが溶け合い、独自のプロヴァンス・プリントへと発展、1939年にソレイアードが誕生した。今ではプロヴァンス・プリントの伝統を残す唯一のブランドで、モード界へ影響を与え続けている。画家のピカソもファンの一人だったという。

「ソレイアード」プリント生地/フランスのテキスタイル 書籍『世界の配色見本帳』より

【配色イメージ】
ソレイアード 配色イメージ

 

 

「レ・トワール・デュ・ソレイユ」プリント生地

フランス最南端、サン・ロラン・デュ・セルダンで生まれたテキスタイルブランド「レ・トワール・デュ・ソレイユ(太陽の生地)」。ミロやダリ、ピカソなどに影響を与えたスペイン・カタルーニャ地方と同じ文化圏の村で、フランスの街の色、食の色、建物の色などをテーマに昔ながらの製法で紡がれている。照りつける太陽と豊かな土壌を思わせる鮮やかな色たちが、ストライプ状に配置されているのが特徴。

「レ・トワール・デュ・ソレイユ」プリント生地/フランスのテキスタイル 書籍『世界の配色見本帳』より

▲竹ひごを使う「ミカドゲーム」からインスピレーションを得た「エクラ・ドゥ・クルール」。ダイナミックで元気いっぱいなマルチカラー配色。

【配色イメージ】

ソレイユ 配色イメージ

 

 

「トワル・ド・ジュイ」プリント生地

18世紀後半から19世紀半ばにかけ、パリ近郊の町ジュイ・オン・ジョザスの工場で作られたプリント生地「トワル・ド・ジュイ」。当時流行ったのどかな田園風景(パストラル)に牧人や農夫、語らう男女、狩りを楽しむ人々と動物などがプリントされているのが特徴。主には「カマイユ」と呼ばれる単色の濃淡・明暗のみで描く技法で、ロココ様式の風景画のように美しく表現されている。マリー・アントワネットやナポレオンを魅了したという逸話が残ることでも有名。

「トワル・ド・ジュイ」プリント生地/フランスのテキスタイル 書籍『世界の配色見本帳』より

▲トワル・ド・ジュイを代表するデザイン「ゴネスの気球」。赤褐色のくすんだ色調のカマイユ配色がノスタルジックな雰囲気。

【配色イメージ】

トワル・ド・ジュイ 配色イメージ

 

 

「ゴブラン織」

狭義には、フランス・パリのゴブラン工場で製作されたタペストリーのことを「ゴブラン織」という。芸術的で繊細な柄を表現することができ、17世紀ルイ14世の時代以来、王室宮殿御用達のタペストリーや装飾品として使用された。広義には「綴織」全般もゴブラン織と呼ばれる。経糸と緯糸を交互に規則正しく織り、緯糸だけで模様を表現する。模様を描く緯糸には太めの糸が使われているため、立体的で重厚感のある仕上がりになる。

「ゴブラン」プリント生地/フランスのテキスタイル 書籍『世界の配色見本帳』より

▲セピア調の落ち着いた配色が、絵画のようなデザインにぴったり。ノスタルジックな雰囲気を盛り上げる。

【配色イメージ】
ゴブラン 配色イメージ

 

【テキスタイルの問い合わせ先】
ソレイアード:TFC Japan(http://www.tfcjapan.jp/)(https://www.e-craf.com/c/souleiado/) 
レ・トワール・デュ・ソレイユ(http://lestoilesdusoleils.com/
トワル・ド・ジュイ:D&T FRANCE(https://dt-france.com/

Instagram:@tsukurira0714
Twitter:@tsukurira0714

【書誌情報】
『世界の配色見本帳』
ザ・ハレーションズ著
橋本実千代監修書籍『世界の配色見本帳』世界各国の伝統的なテキスタイルから、配色パターンやデザインを学べる新しいタイプの配色見本帳です。
長い歴史を持つ民族的な織物や染物から、ソレイアードやフェイラー、ローラ アシュレイといった人気ブランドまで、228種のテキスタイルを掲載、配色パターンは955種!
テキスタイルごとに使用色とボリュームを、見た目の印象で置き換えた「配色バー」で示しています。すべての色にはRGBとCMYKの数値を記載しているので、印刷にもデジタルにも対応。基本的な色のしくみや、世界各国のテキスタイルの特徴や歴史的背景も解説します。国旗とは違った各国の独特なテキスタイルを学べて、新鮮な配色を楽しむことができます。クリエイティブな活動に役立つ一冊です。

おすすめコラム