パンチニードル 葉っぱのブローチ

パンチニードルは、ステッチ面とループ面の2つの表情をたのしめる刺繍です。図案通りにパンチニードルを刺していくだけでOK。むずかしいことは考えず、塗り絵感覚でトライできます。「laglag_(ラグラグ)」のサトウキミコさんの著書『パンチニードルのふわふわ、もこもこ、やさしいこもの』からのご紹介です。

文:laglag_ サトウキミコ 撮影:寺岡みゆき、天野憲仁(日本文芸社)  文:つくりら編集部

左はループ面、右はステッチ面が表側。ループ面だともこもこ、ステッチ面は刺しゅうの表情がたのしめます。

葉っぱのブローチ『パンチニードルのふわふわ、もこもこ、やさしいこもの』よりでき上がりサイズ 約縦6㎝×横3.5㎝

[左]
<使用糸>
DMCタペストリーウール
*糸が細めなので2本どりで刺しています。
・7780
・7284

[右]
<使用糸>
DMCタペストリーウール
*糸が細めなので2本どりで刺しています。
・7596
・7376

<材料(2点共通)>
刺しゅう枠12㎝
パンチニードル#14mini
ジャバクロス中目17㎝角
フェルト縦8㎝×横5.5㎝
布用接着剤
縫い針
手縫い糸
ブローチ金具

 

仕上がりは「ステッチ面」と「ループ面」との2 タイプ

ステッチ面

ステッチ面『パンチニードルのふわふわ、もこもこ、やさしいこもの』より
▲糸を刺した面が表になるので、刺しゅうらしさが楽しめます。

ループ面

ループ面『パンチニードルのふわふわ、もこもこ、やさしいこもの』より
▲糸がループ状になっているので、もこもこしています。

針を刺すほうが「ステッチ面」、裏返したほうが「ループ面」です。
刺しかたは同じですが、裏側の処理が異なります。ループ面は裏返したほうになるため、図案も反転しています。

つくり方の詳細は、本書掲載の作品の図案をご参照ください。

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『パンチニードルのふわふわ、もこもこ、やさしいこもの』
著者:laglag_ サトウキミコ『パンチニードルのふわふわ、もこもこ、やさしいこもの』よりパンチニードルなら、糸を通した専用の針を布に刺すと小さなループができ、もこもこした刺しゅうになります。図案を写したら、針を布に対して上下にどんどん刺して動かすだけ!目数を確認したり、細かい部分を気にしたり……などと難しい作業はありません!細かい作業が苦手な人でも、短時間でかわいい作品がつくれます。

本書では一般にも入手しやすくリーズナブルな針と、より使いやすく簡単に刺しゅうができる針の2種類を紹介。糸もメインで使用するのは1種類のみにしぼっています。ベーシックなテクニックだけでなく、アレンジワザも多彩に紹介しています。

どのアイテムも、テキスタイル風のデザインとシックな色の組み合わせが魅力。シンプルな大人の装いや、落ち着いたインテリアにもぴったりのものばかりです。

おすすめコラム