晴代さんのシンプル生活のつくり方。第2回(前編)バリ島へ。|憧れのプールつきヴィラで、何もしない贅沢な時間。

グラフィックデザイナーでフォトグラファー、住宅施工会社のマーケティング・ディレクターとマルチに活躍する中野晴代さんの新連載。第2回目は、バリ島のお話です。

撮影・文:中野晴代

今年の夏休みはどこに行こう!?

毎日セカセカ働いているので、夏休みはゆっくり過ごしたい!あまり予定を詰め込まず、とにかくのんびりと・・・。

プールつきのヴィラに泊まりたい!癒されたい!ということで、行き先は、インドネシアのバリ島になりました!


▲プールつきの贅沢なヴィラ、「ビーヴィラ スミニャック」(https://www.bvilla.com/

バリ島では、プライベートプールがついたヴィラにとてもお手頃な価格で泊まることができるんです。今回お世話になったヴィラは、「ビーヴィラ スミニャック」(Bvilla Seminyak)。


▲色味を抑えた、落ち着いた雰囲気の内装。

こちらのヴィラは1泊3万円代でした。(時期によってはもう少しお手頃になるかも!)日本で同じようなヴィラに泊る場合は、一人当たりの金額が倍以上になるのでとてもお得です。しかも嬉しい朝食付き!数種類の中から好きなものが選べて、毎朝ヴィラ内のキッチンでつくりりたてをいただくことができます。とっても贅沢です。

朝食は、ナシゴレンやパンケーキなど、数種類の中から好きなものが選べます。

フルーツがみずみずしくて美味しかった!

今回滞在したスミニャック地区は、バリ島の流行りの発信地。オシャレなカフェやショップがたくさん!ヨーロッパの観光客がとても多いです。


▲オシャレな店が多いスミニャックの街並み。

私は毎回旅に出るとき、予定をキツキツに詰めて行動するのがとても苦手です。その時の気分で行動したいので、行きたいお店を2〜3件リサーチするだけで、あとはその時の気分で行動します。午前中はヴィラで過ごして、午後に少し街を散策、という感じで、とにかくゆっくりと過ごしました。

 

贅沢な時間

まずバリ島について驚いたのが、とても過ごしやすい気候であること!気温が30度くらいに上がっても、湿気が少ないためカラッとしていて不快感がありません。朝のプールは少し涼しいくらい。

子ども達は楽しそうにずっとプールで遊んでいましたが、大人は静かにプールサイドでまったりと。何もしないってとても贅沢な時間です。

夜は、サンセットを見ながら食事がしたい!ということでオープンエアの、レストラン、「ブリーズ」(Breeze)にて潮風にふかれながら食事をしてきました。


▲レストラン「ブリーズ」。海の風を感じながらゆっくりいただきました。(http://seminyak.thesamayabali.com/


▲たまには贅沢して、フォアグラいただきました!

こんな風景をみながらの夕食、贅沢です。

後編では、街中で出会った素敵なお店についてご紹介します。

 

おすすめコラム