• Twitter
  • Facebook
  • Instagram

BOOKS

暮らしの本

78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット

著者:LUA

  • 78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット
  • 78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット
  • 78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット
  • 78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット

人生は選択の積み重ねである。そして、どんな道を選んでも正しいのだ!

水谷花楓(ライター)

私たちの毎日は、たくさんの取捨選択から成り立っている。

 

なにも進学や就職、結婚などの大きな岐路だけではない。

今日着る服、ランチのメニュー、セットドリンクをコーヒーにするか紅茶にするか。今夜お風呂に入れるバスソルトの香り。そんな日常生活の中の小さな選択を幾千も繰り返した結果、今の自分がここにいる。

 

けれど、何か大きな壁にぶつかったときほど、迷ってしまうのが人間というもの。自分では判断しきれないときは、占いに頼るという人も多い。そんなとき、強く背中を押してくれるのがタロットだ。

 

タロットは、全78枚のカードに異なる絵柄が描かれていて、それぞれに意味を持つ。14世紀のヨーロッパが始まりといわれている、歴史あるカードだ。専門の占い師も多数いるが、どうやら個人でもタロット占いができるというから驚いた。

 

『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』は、初心者にもわかりやすく、経験者のつまずきも解消する、いわばタロットの教科書的存在。私には霊感がないから…と躊躇している人もご安心を。特別な力は必要ないのだと、著者のLUAさんは語る。タロットを通して自分自身の中にある直感力が研ぎ澄まされ、クリエイティブな才能が目覚めることもあるのだとか。

 

絵柄もおしゃれだし、自分で自分を占うなんて格好いい。

早速タロットを始めようと思ったが、ここではたと立ち止まった。幸い、タロットに頼るほど大きな悩みなど持ち合わせていない。一体何を占ったらいいのだろう?

 

すると、この本の担当編集者がこんなアドバイスをくれた。

「たとえば、『今日のコーディネート』を占ってみるのはどうでしょう? 嗜好がハッキリ出るものなので、”自分を見つめる道具”であるタロットの上達にもつながると思います」

 

なるほど、そんな身近なことからタロットを取り入れていけばいいのか。

ほかにも、「傘を持っていくべき?」「今ATMに行ったら混んでる?」などという、ちょっと気になる日々の出来事を占える点もおすすめだそうだ。

 

つい感情や主観で動いてしまいがちな人も、客観的に物事を見つめ、冷静な判断が下せるようになるというタロット。自分自身で物事を決められるということは、決断に後悔したり誰かのせいにしたりすることもなくなる。

 

我が人生に悔いなし。だって、私が決めたことだから。

タロットは、私らしく人生を送るサポートをしてくれる、心強い味方なのだ。

概要

つまずき解消のポイントがたくさん。初心者からタロットが大好きという人まで、豊富なアイディアで必ずスキルアップできます。

おすすめコラム

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。