晴代さんのシンプル生活のつくり方。第3回(後編)ぶどうとワッフルのティーパーティー|大勢で食べるフルーツやデザートは1人で食べるときの数倍美味しい!

前編では、穫りきれないほどのぶどうのお話をしました。後編はいよいよパーティーの美味しいテーブルが登場します!

撮影・文:中野晴代 撮影協力:O'KEEFFE FURNITURE

 

収穫したぶどうでドリンクづくり

オキーフさんの庭で収穫したぶどうは、数種類のフルーツをグラスに入れて、炭酸水を注いだドリンクをつくります。

涼しげなドリンクができ上がりました!

 

美味しくてキレイなワッフル

発酵料理人として活躍中のゆきちゃんが焼いてくれた2種類のワッフルと、仕込んできてくれたドーム型のミルクレープなど、テーブルを彩る美味しくキレイなデザートができ上がっていきます。


▲フワフワ食感のワッフル。

お料理上手な友人がいることは、食べる専門の私にとっては本当にありがたい。

オキーフのめぐみさんが、この日のために購入したというワッフルメーカーも大活躍!ガリガリした食感の砂糖が入ったフワフワのワッフルと、甘さ控えめのサックリとしたワッフル。採れたてのぶどうやアイスクリームを添えていただきます。


▲サックリ食感のワッフル。

 

テーブルセッティングは引き算で

どんな食器を使おうか?どんなお花を飾ろうか?あれこれ迷いながらテーブルセッティングをするのも毎回ワクワク楽しみなひととき。とりあえずあれもこれも!とテーブルに置くのですが、色味やボリュームを見ながら引き算していきます。最初に飾ったピンクのお花は色味が強いので、最終的にバッグヤードへ。

今回は、オキーフさんで販売しているウッドプレートを中心にアンティークのプレートなどをチョイス。自宅で使っている食器と雰囲気が違うものを使うのは、新鮮だし、なにより新たな発見があります。こうやってみんなで集まった時に使った食器が欲しくなり、購入したこともしばしば。

カッティングボードは食材を切るだけではなく、プレートとして使用したり、お料理とプレートの大きさを計算してバランスよく盛り付けたりと、とっても素敵な道具。センスの良い友人の手さばきを間近で見ることができるのも楽しい!

 

心もお腹も大満足の美味しい集い

テーブルの準備完了。毎回無理せず、それぞれが役割分担を決めて持ち寄るのですが、私はだいたいチーズやフルーツ担当(笑)。気負わず会える気軽さが嬉しい。

そして大勢で食べるフルーツやデザートは1人で食べる時の数倍美味しく感じます。


▲看板猫のファナもしっかりフレームイン。

美味しいデザートや素敵な空間に、心もお腹も大満足! そんな素敵なO’KEEFFE FURNITUREさん、静岡にお越しの際にはぜひ寄ってみてください。

おすすめコラム