花とアンティークと 第11回(後編)|ケムリソウにベルテッセンにクレマチス。バラと一緒に揃いだす初夏の花のブーケとアレンジ。

名古屋で評判のフローリスト、フラワーノリタケの則武潤二さんと、アンティークと雑貨を扱うTisane infusionの則武有里さんとのコラボレーション・スタイリングです。第11回の後編はバラのアレンジメントに加えて初夏の花、クレマチスが登場します。

フラワーアレンジ&スタイリング:則武潤二、則武有里 撮影・文:則武有里

ピンクのバラにピンクを集めて

バラの季節には大好きな花がいっぱいなんです。お客様のご注文で「おまかせ」でご依頼が入りました。カラーはピンクがお好みとお聞きしていたのでピンク系で好きなものばかりを集めたブーケができ上がりました。

存在感があるピンクのバラはイヴピア。今の時期だけしか見られない大好きな花、ケムリソウ、小さなベル型の花はベルテッセン、丸い小花はアストランティアです。よく見るとツンツン頭の元気印のお花、モナルダも入っています。

 

バラの帽子箱で贈り物

帽子箱の中には帽子は入れずに、

お花を敷き詰めてサプライズプレゼントしてはいかがですか?テーブルの上にそっと置いてびっくりしてもらいましょう。もちろん、帽子もプレゼントしてくださいね。

花材は左端→右の順に、カイウクレマチス、モナルダ、オルラヤ、ストロベリーモンロー・ウォークバラ、ニゲラノタネ、ニンジンノハナ、アザミ、プチロータス、キャンディタクト、スカビオサ

 

可憐な花を古い瓶に

古いイギリスの薬瓶(緑色)や日本の実験用ビーカーを集めました。瓶なら空き瓶で十分です。形や色はさまざま。背が高かったり、小さかったりで面白い。線の細い華奢な花ばかりを集めて飾りました。

濃い鮮やかなピンク色のクレマチスはチェリーリップ、白いスカートをはいたマトリカリヤ、赤い実のジューンベリー。光が差し込む場所に並べるとさらに綺麗です。

 

クレマチスの苔玉アレンジ

クレマチスで小さなアレンジしました。バラの季節から時間が流れて瑞々しい苔が出てきたり、真っ白い十字の花が美しいドクダミが咲いてきました。そちらの花たちもプラスした小さな苔玉のアレンジです。

花材は、左→右の順に、ミセススミエ、フイリドクダミ、ドクダミ。ジェニー、クレマチスノタネ、レディバードジョンソン、プリンセスダイアナ

苔玉のつくり方。水を含ませた吸水性スポンジを好きなサイズにカットして苔を巻きます。結んだ紐がなるべく目立たないようしたかったので、細い同系色のワイヤーで2箇所結びました。苔玉は生花なので、苔玉と同じサイズか、少し大きめのお皿があるといいですね。

季節はもうじき梅雨。次回はアジサイのお話です。

 

おすすめコラム