• Twitter
  • Facebook
  • Instagram

BOOKS

暮らしの本

うっとりするほどかわいいドール服のレシピ DOLL OUTFIT STYLE

著者:F4*gi

  • うっとりするほどかわいいドール服のレシピ DOLL OUTFIT STYLE
  • うっとりするほどかわいいドール服のレシピ DOLL OUTFIT STYLE
  • うっとりするほどかわいいドール服のレシピ DOLL OUTFIT STYLE
  • うっとりするほどかわいいドール服のレシピ DOLL OUTFIT STYLE

世界にひとつだけ! 洋服づくりの楽しさが端切れから味わえる

庄司靖子(編集者)

人形についてはあまり知識がないけれど、小さいものが大好きだ。ミニチュアの家具、雑貨、そして洋服。だからこの本を初めて手に取ったとき、「わぁかわいい!」と思わず声に出してしまった。

 

本書では、人形の洋服は季節ごとにイメージされ、10種類のテーマで紹介されている。パニエとビスチェを組み合わせたドレスや、サロペットパンツとブラウスのセットなど、登場するアイテムは20種類以上にも上る。そのどれもが、タイトル通り、うっとりするほどかわいい。

 

しかし、かわいいだけではない。つくり方のページでは、基本の道具から、ミシンの選び方、布の種類や副資材についても説明がなされ、つくり方は写真とイラストで丁寧に解説されている。パーツが小さいというだけで、型紙を写し、裁断し、縫っていく工程は本物と同じ。テーマはドール服だけれど、これはまさしく洋裁の本なのだと気づいた。

 

指導してくれるのは4人のクリエイター。4人揃って人形が好き、ということに加え、ドール服であれば子どもから大人まで世代を問わず、つくることも贈ることも、飾ることも遊ぶことも、様々に楽しんでいただけるのではないか、という思いから本書が誕生したという。プロフェッショナルな活動をしている人たちだからこそできた一冊だと納得。

 

洋裁に苦手意識があってもつくれるものだろうか? ふと心配になり、担当編集者に尋ねてみた。すると、「ドール服なら印つけもかんたんですし、縫い代の始末も不要です。この本ではファスナーつけもありません。布も端切れで十分足ります。まずは手縫いで挑戦なさってみてはいかがでしょうか。世界にひとつだけの服をつくる楽しさがわかると、次はご自分の服を自由にデザインしてみたい、という欲求がわいてくるかもしれませんね。ドールとおそろいの服をつくって楽しまれる方もいらっしゃるようですよ」とのうれしいアドバイス。改めてページをめくりながら、まずは家にある端切れから・・・と、つくってみたい気持ちが膨れ上がっている。

概要

一年中楽しめる素敵なドール服。アリスのドレス、ハロウィーンのブラックドレスやレースのパジャマなど、ロマンチックな24作品。

おすすめコラム

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。