刺し子の基礎 糸について

1色刺しはもちろん、2色、3色ときれいな色の糸を組み合わせたり、布とのコーディネートを楽しんだり。暮らしに彩りを添えてくれる刺し子の針仕事。
『色であそぶ糸であそぶ 刺し子の愉しみ』から、刺し子に使う糸選びについてご紹介します。

刺し子の記事
刺し子のポットマットと暖かい飲み物で、身も心もほっこり
いからしさとみさん(前編)|伝統柄を中心とした刺し子の作品集『刺し子の手しごと』。その持ち味は、なんといっても連続模様の美しさと全体の優美さ。
いからしさとみさん(後編)|裏面も美しい花ふきん。先人の技を伝えつつ、彩り豊かな色糸と自由な図案で現代へと引き継ぐ
刺繍糸(3)|日本刺繡の糸、刺し子やこぎん刺しの糸・・・。刺繍糸の仲間はまだまだあります。
指貫(ゆびぬき)|効率よく仕事をするため、針で指を傷つけないようにするためのものなのです。
暮らしを愉しむ針仕事 くぐり刺しのニードルケース
針仕事のお供に 伝統模様でつくる 花十字刺しの針山
刺し子の基礎 布について

文:つくりら編集部  撮影:蜂巣文香・天野憲仁(株式会社日本文芸社)

布と同素材の糸を使うのが基本。ふっくら仕上げたいときは太めの糸を、繊細に仕上げたいときは細い糸を。模様の大きさや布の厚さによって糸を選びます。刺し子糸のほか、手縫い糸や25番刺しゅう糸など、好みの糸で刺しても。

a〜h  刺し子糸
綿100%の刺し子専用糸。甘撚りの細い木綿糸を何本か合わせたもので、ふっくらと美しく刺し上がります。メーカーによって色味や風合いが異なるので、好みに合わせて選びましょう。単色のほかに、ぼかし(段染め)やミックスなどの多色づかいの糸も各社から発売されています。

a 1束20m、単色全29色/オリムパス製絲
b <細>小かせ 1束40m、全20色/ダルマ(横田)
c <合太>小かせ 1束40m、全24色/ダルマ(横田)
d 1束約85m、単色全20色/ホビーラホビーレ
e 1束145m、単色全51色/本舗 飛騨さしこ
f  細糸 1束約370m、単色全25色/小鳥屋商店
g  <細>カード巻 40m、全19色/ダルマ(横田)
h  <合太>カード巻 30m、全9色/ダルマ(横田)

i  手縫い糸
布なじみのよい綿100%の手縫い糸がおすすめ。おもにふきんを縫い合わせる際に使いますが(P.54参照)、模様を刺すときに使用すれば、より繊細な仕上がりに。
【左】「ダルマ家庭糸<細口>」100m、全56色、【右】「ダルマ家庭糸<太口>」100m、全9色/横田

j  25番刺しゅう糸
6本の細い糸をゆるく撚り合せた綿100%の糸で、フランス刺しゅうなどに使われます。色数が豊富なので、好みの色で刺したいときにおすすめ。2本どり、3本どり、6本どりというふうに、図案や布に合わせて糸の本数を調整して使います。1束8m、単色は全500色/DMC

 

Instagram:@tsukurira0714

【書誌情報】
『刺し子の愉しみ』
日本文芸社編

彩り豊かな刺し子の作品集。
人気の一目刺しを中心に、伝統文様や創作模様、くぐり刺しなどを多色づかいで。白い布に一色刺し、多色刺し、色布に一色刺し、多色刺し、端切れをパッチワークして一色刺しなど、さまざまな色づかいを楽しめます。
手軽に楽しめるように、小さめのサイズのふきんも提案。コースターやくるみボタンなど、仕立ての簡単な作品や、パッチワークを組み合わせた袋ものなどを紹介。