つくりら文化祭*出展者紹介 ichi.co| 上質な素材とデザインを追求する手織り作家 2018.10.19(Fri)-20(Sat) 東京

写真協力:ichi.co 撮影:田辺エリ 文:つくりら編集部

10月19日(金)、20日(土)に東京・二子玉川にて開催する「つくりら文化祭」。マーケットに出展するみなさんをご紹介します。

ichi.coさんがつくるストールや小物は、スタンダードなようでいて、少しだけ特別感を感じさせるデザイン。その絶妙なバランスが、さりげないおしゃれを楽しみたい大人の女性にぐっときます。手で触れた感触や首に巻いた感覚から、その上質な香りがたちのぼってくるのもたまりません。

それもそのはず、ichi.coさんがつくり出すストールや小物は、上質なカシミヤをはじめ、スコットランドウールやスエーデンの綿糸など、厳選した糸を使用。さらに織り機はオランダのルエ社製と、どこまでも本物志向なのです。

 

つくりら文化祭で出会えるものは?

ぜひ、手にとっていただきたいのがストールです。カシミアの大判ストールをはじめ、さまざまな織りのものがお目見えします。

いくつあっても欲しくなる手織りのブローチは、織りも色もデザインもさまざまなものが揃いぶみ。洋服のコーディネートに合わせて、数種類欲しくなってしまいます。

手織りのポーチは圧倒的な存在感!

 

「キリムコースター」のワークショップも開催!

文化祭期間中のもうひとつのお楽しみは、手織りのワークショップ。シンプルな木枠の織り機を使って本格的なキリムのコースターをつくります。

ichi.coさんが厳選したキリム糸のなかから好きな色を自由に選べる楽しいレッスンで、「織りはやったことがない」という方には、ゼロから習えるまたとない機会です。

ワークショップは、キリムコースターのほか、ギャッベを織るものも。ギャッベとは毛足の長い絨毯のことで、手織りの中では時間のかかるものですが、ワークショップでは小さなサイズでこのテクニックを習得します。

レッスンで使った織り機はそのままお持ち帰りOK。お土産にもう1枚分のキリム糸とシャトル1本をおつけするので、お家に帰ってから織り機の使い方を復習しながらもう1枚つくれます。

ichi.coさんのワークショップは、10月20日(土曜)の14:30から。ただいまお申込受付中です。

ワークショップの詳細と申込はこちら。

「小さな木枠で織るキリムコースター」
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01r7bvzsngne.html

「小さな木枠で織るミニギャッベ」
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gvnezv6smj.html

 

ichi.coさんからお客様へのメッセージ

独特な空気を含んだ手織りもの、手織りならではのデザインの自由さ、そして何より暖かいです!ぜひ、実際にお手に取ってご覧になってみてください。

おすすめコラム