• Twitter
  • Facebook
  • Instagram

「春 ウクライナ事始 お祝いの卵・プイサンカを作ろう」 2018.3.28(Wed)-4.16(Mon) 東京

写真協力:ワサビ・エリシ  文:つくりら編集部

ヨーロッパのブレッド・バスケット(穀倉地帯)とも言われるウクライナ。その美しくて美味しい国から素晴らしい手工芸が届きます。

写真は「プイサンカ」と言われるお祝いの卵。ウクライナでは何百年も前から、お祝いのときに魔除けとしてつくられ、イースターエッグの原型とも言われています。会期中、この彩色の卵「プイサンカ」のワークショップが開かれます。

伝統的な手工芸を教えてくださるのは、日本在住のウクライナのプイサンカ作家、ナタリャ・コヴァリョヴァさん。会期中3回行われるワークショップでは、ニワトリの卵にろうけつ染で彩色します。色々な古代模様やシンボリックなデザインも学びながら、ろうけつ染めを体験できる貴重なレッスンです。

企画展では、彩色の卵「プイサンカ」のほかにも、同じくウクライナの伝統的な手工芸、ビーズ編みネックレス「ゲルダン」や、お守り「幸せの鳥」、お守りの人形「モタンカ」なども展示されるそう。どれもみなウクライナ出身の日本在住のアーティストの作品です。

会期中は、毎週金曜日、3月30日、4月6日、13日の13:00から17:00まで、ティータイムクリエイター、近藤智子さんの「ウクライナのお茶会」が開催されます。ウクライナのハーブティーとクッキーが楽しめるそうですよ。

ワークショップ「お祝いの卵・プイサンカを作ろう」
講師:Natalya Kaval’va ナタリャ・コヴァリョヴァ(プイサンカ作家)*日本語で教えます。
日時:3月30日(金)、31日(土)、4月12日(木) 各回とも13:00〜15:00
参加費:4000円(税抜、材料費込、茶菓子付き)
定員:10名(最低4名)
予約は、info@wasabielisi.com または電話 03-6379-2590 まで。

期間:2018.3.28(Wed)-4.16(Mon) 11:00~17:00(木・金:13:00~19:00)
場所:WASABI-Elişi(ワサビ・エリシ)
東京都世田谷区羽根木1-21-27 亀甲新 ろ60
定休日:火曜日(祝日は営業)
問い合わせ先:tel: 03-6379-2590(ワサビ・エリシ)
http://wasabielisi.com

おすすめコラム